So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
温泉情報 ブログトップ
前の10件 | -

鳥羽駅周辺、温泉宿はたくさんあるけれど・・・ [温泉情報]

(今日は自分用のメモ書きみたいな記事です)。

いつの間にか、鳥羽駅(三重県)近くに温泉宿が増えてる気がします。
というより、そのあたりの宿が温泉になってるってことですね。

しかし、ちょっと調べてみたら、

・戸田家       ・・・・源泉名 白山荘温泉
http://www.todaya.co.jp/onsen/
・鳥羽グランドホテル・・・・榊原の白山のお湯を運び湯
http://www.jgh.co.jp/spa/index.html
・鳥羽国際ホテル潮路亭・・・湯元=奥志摩温泉・合歓の郷「潮騒の湯」
http://www.shiojitei.jp/hotspring/index.html
・寿々波 別館 錦浦館・・・三重県の名湯『榊原温泉』の湯を使用
http://www.kinpokan.com/info-bath.html
扇芳閣         ・・・源泉 榊原温泉
http://yado.knt.co.jp/st/5650-008/

うーむ、榊原温泉も白山荘温泉も合歓の郷も、鳥羽からは遠いぞ。
要するに、温泉を運んできてるところばっかりということでしょう。

浜離宮        ・・鳥羽小浜温泉あわらぎの湯
http://www.hamarikyu.jp/spa.html
ホテルメ湯楽々   ・・鳥羽小浜温泉あわらぎの湯
http://yulala.com/spa2.html

この2軒は自家源泉のようです。
姉妹宿なので、同じ源泉なのだろう。

自家源泉を目当てに行くなら、この2軒ですね。
タグ:鳥羽
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「すんぷ夢ひろば」の閉鎖に思うこと [温泉情報]

「すんぷ夢ひろば」が2010/2/2で廃業ということを、当ブログへの
コメントで知りました。

すんぷ夢ひろば、実は先月(2010年1月)に行ったばかりなのです。
その時のことをちらりと書いた記事は↓
http://spatraveler.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10

確かに、メインの天下泰平の湯は休日というのに空いており、
その他の施設に至っては、店の半分以上が閉鎖や空き店舗状態で、
こんなんで大丈夫なのだろうかと思ったものです。

大丈夫ではなかったようですね。。。


どんな経緯で閉鎖となったのか、ちょいとWEB検索で調べてみました。

公式サイトをみると、「閉店のお知らせ」は2010/2/2、つまり廃業当日に
掲載されています。
http://www.sunpu-yume-hiroba.jp/news/2010/02/post-69.html
どうも営業は2010/2/1 までだったようで、実質は廃業後の掲載ですね。

で、トップページには「2月のメンテナンス休業のお知らせ」があるし、
http://www.sunpu-yume-hiroba.jp/
割引チラシの有効期限は2010/2/22までになっているし、
http://www.sunpu-yume-hiroba.jp/news/2010/01/post-64.html
閉鎖は予定されていなかったことが伺えます。

ネット上で探すと、2010/1/27に訪れたことを書いたサイトがありま
したが、閉鎖について何もふれていません。その時点では閉鎖
する旨の掲示等は何もなかったのでしょう。

つまり、まるで夜逃げするかのように、いきなりの閉鎖だった可能性大。
まったくの推定ですが、資金繰りがつかなくなっての閉鎖かもしれませんね。

ところで、ここの運営会社は株式会社リメイク。
http://www.sunpu-yume-hiroba.jp/outline/index.html
設立が08年10月ということは「すんぷ夢ひろば」の再オープン(08年11月)
のためにつくられた会社のようですね。資本金900万円ですか・・。

ちょっと検索したら、この会社は「すんぷ夢ひろば」の存続を望む地元の
事業家有志が共同出資してできた会社のようです。

いったん閉鎖した施設を地元資本で買い取って再オープン、ということ
だったのでしょうねえ。しかし残念ながら・・という結果になりました。。。

いつ営業しているかわからない温泉 [温泉情報]

むかしむかし、そこは道路脇の原野のようなところでした。
そんなところに温泉が湧いてて、露天風呂がありました。

近くに牧場があって牛はいるので、
みんなは「あの露天は牛が入るためのものだろう」と笑って話していました。

牛が入る露天なんておもしろいじゃないか、ぜひ行ってみよう!

・・・・で、いったら、何とそこにはレストランができていました。

できたばかりと思われるレストランには温泉もありました。
牛が入る(いや実際には入ってないけど(^^;)露天は、人が入るためのお風呂に
変わりました。

露天に入れなかったのは残念だったけど、ざばざばあふれる良い湯でした。

それから数回行きましたが、その後ずっとご無沙汰に。
で、久しぶりに行こうと、ここ数年の間に3回ほど寄ってみましたが、いつも閉まっ
ておいる。これは廃業だろうな・・・。

ところが、最近、廃業ではないという情報をゲットしました。

何でも、レストランは廃業したけど、温泉はやっている。
但し牛の世話の傍らでやっているどうで、開く時間は決まっておらず(夜がになる
ことが多いらしい)、開いたと思ったら1~2時間で閉めてしまうとか。

何時にやってるかわからず、営業時間は1~2時間って、こりゃハードル高いや(^^;
タグ:営業時間
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ある温泉宿の廃業 [温泉情報]

ネットの掲示板を見ていて驚いてしまいました。

ある温泉宿が廃業していたという投稿だったのですが、その温泉宿は
10年前の大晦日に泊まった宿だったのです。。。。

特にその宿に思い入れがあったわけではなく、たまたま温泉本をみて
いて適当に選んだ宿であったのですが、それにしても年越しに泊まった
宿が廃業とはねえ・・・・。

掲示板の情報だからガセかもしれないと思う一方、昨今の不況の影響で
廃業する温泉も増えてるしなあ、と思ったりもします。

その温泉宿の名前は宮之城温泉 山水園(鹿児島県さつま町)。
廃業情報がガセであることを祈ります。

わいた温泉郷 [温泉情報]

知り合いがら、「今年流行りそうなものの一位がわいた温泉郷」だときいてちょっと
びっくりしました。なんでもテレビ番組で特集してたそうですが。

まあ確かによい温泉で、数年前に訪れた時には
「もっとうまく宣伝すれば客増えるだろうに」
と思ったのは確かですが、でも1位とはねえ。

「わいた」は「湧蓋」と書きます。ひらがな表記にしてるのは読み難いからですね。
近くにある湧蓋山にちなんでのことでしょう。

いつのまにか、サイトもできてます。
http://www.waita.info/

おや、わいた温泉って「はげの湯」(これまた漢字では「峐の湯」という難しい字なので
ひらがな表記が一般的になってる)と「岳の湯」を合わせたものかと思ってたのですが、
地獄谷温泉、山川温泉、麻生釣温泉、鈴ヶ谷温泉まで加わってるのですねえ。

ちなみに地獄谷温泉、麻生釣温泉は家族風呂主体の日帰り温泉施設、鈴ヶ谷温泉は
国道沿いの手造りとうふ屋がやっている温泉です。それぞれ個性があっておもしろい
ですが。

あと、この温泉が流行る売りはなんだろなあと考えると、きれいな青色をした温泉と、
そこかしこに吹き上がる噴気、その噴気を利用した地獄蒸し料理ってところでしょうか。

しかし、湯布院や黒川温泉のように賑わう地となっていくのかなあ?
それはちょっと信じられませんが(^^;

黒い温泉 [温泉情報]

昨日の記事は黒いティッシュだったけど、黒いと言えば「黒い温泉」もあります。

温泉仲間の間では「黒湯」と呼ばれています。
黒くなるのは温泉に含まれる有機物質のためらしい。

この黒湯、東京や横浜に多いのです。
ほとんどが冷鉱泉で、浅い掘削で出るので、銭湯にもよく使われてます。
東京の銭湯に行ったら黒湯だった、てなことが実はよくあるのですよ。

また、千葉の房総半島界隈も、黒湯の宝庫。
やっぱり冷鉱泉がほとんどですが、あちこちの旅館やホテルで黒湯が
使われてます。

一度、黒湯を体験してみるとおもしろいですよ。
タグ:黒湯

ショッピングモールに温泉 [温泉情報]

ショッピングモールに温泉、なんだか妙な取り合わせだけど、
そういう形態が増えているような気がします。

ここ1~2年の東海地方でみても、

サンストリート浜北   天然温泉風と月
ロックタウン鈴鹿    鈴鹿天然温泉 花しょうぶ
多気クリスタルタウン 天然温泉多気の湯

といったところがさっと思い浮かびます。

買い物ついでに温泉、というのが受けるのでしょうかね。

そういえがショッピングモールとはちょっと違うけど、コロナワールド内に
コロナの湯があるのも、同じようなものですね。

徳島 温泉&味めぐりスタンプラリー [温泉情報]

徳島で、「徳島 温泉&味めぐりスタンプラリー」というパンフを
手に入れました。

 「とくしま・INAKA博覧会」(これ自体はもう終わったらしい)の
関連のイベントのようです。

徳島各地の温泉に入ってスタンプを集めて応募すると、抽選で
入浴券などがあたるという、よくあるスタンプラリーですが、
このパンフを持参すると、約20ヶ所の温泉施設がおおむね10%
引きになるというお得な面があります。

パンフには割引の期間は書いてありませんが、応募期限が
09/4/30なのでこの日までは大丈夫だと思われます。

私が行った温泉施設にパンフが置いてありましたから、温泉に
入る前に探してみるといいですよ。

黒湯の温泉、営業再開 [温泉情報]

温泉ニュースブログで知ったのですが、森林公園温泉(札幌市厚別区)
が営業再開したそうです。

ほんと、よかったですなあ。。。。

ここへ初めて行ったのは、もう16年も前のことです。

北海道をふらふらしていて、確かバスの車体にこの温泉の広告が
でていて知ったのじゃなかったけなあ。

で、行ってみたらお湯が真っ黒でびっくりしたものでした。
当時の私は黒湯なんて存在も知らなかったからなあ。

その後もう1回行ったけど、それも10年以上前のこと。
それから再訪する機会のないまま休業してしまったのを残念に
思っていました。

また今度北海道に行ったら寄ってみたいものです。

オレンジ色の温泉 [温泉情報]

色に特徴のある温泉は良いものです。

鉄が混じると、温泉は赤、茶、緑、紺などに褐色の混じった色になり、視覚的に楽しませてくれます。

そんな中でも、まれにですが「オレンジ色」と言ってよい色の温泉があるのは驚かされます。

南玉川温泉 はなやの森(秋田)、報恩温泉(栃木)などです。

一度行ってみるとよいですよ。
前の10件 | - 温泉情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。